« 出資馬近況 | トップページ | 牧場馬近況 »

2007年11月25日 (日)

初出資馬選び回顧

一口馬主の思い出(2)

キャロットクラブで一口馬主を始めることにしたわけですが、クラブの次に決めねばならないのが出資馬です。

2001年産の募集馬は関東馬10頭・関西馬10頭の計20頭。
私がカタログと取り寄せた時点で、すでにエンドレスシーンとボートシャフターの2頭は満口でした。
今と比べると募集馬も満口馬もずいぶん少なかったですね。

ちなみにこの時点では馬名はまだ決まっていませんが、募集名(母名+生年)と正式な馬名が入り混じるとまぎらわしいので、馬名に統一して書くことにします。

記念すべき初出資。
しかし走りそうな馬なんてわかりません。
そこで、とりあえず安い馬に出資することにしました。
クラブに入会して初めて見えてくるものもあるでしょう。
お金がないというのも大きな理由ですが。

候補は関西最安値の2頭、ラントルフトとシュガータウン。
近親にブラックタイプが多いという単純な理由から、ラントルフトを選びました。

|

« 出資馬近況 | トップページ | 牧場馬近況 »

出資馬回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/8768364

この記事へのトラックバック一覧です: 初出資馬選び回顧:

« 出資馬近況 | トップページ | 牧場馬近況 »