« 1歳馬近況 | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月31日 (月)

2001年産募集馬回顧

一口馬主の思い出(4)

一口を始めた当初、出資するのは年一頭で十分だと思っていました。
たとえ勝てずとも、月イチぐらいで走ってくれれば楽しめるからいいや、と。

そんな馬めったにいません。

すべての馬がコンスタントにレースに出走するわけではないのです。
むしろほとんどの競走馬はケガや病気との戦いです。
一口を始めるまでは予想もしなかった現実でした。

ここから2002年募集馬の話になります。

2001年産はキャロットクラブのリニューアル2年目の募集馬です。
急遽、馬を集めた2000年産はマル外中心のラインナップでしたが、この年からノーザンファーム産の馬が増えていきます。
関東馬20頭、関西馬16頭と、募集馬の数は今よりずいぶん少なかったですね。

募集馬が発表されたときには、ラントルフトはまだ引退していませんでしたが、デビューまで時間がかかりそうなことは明らかでした。
ヒマな一口馬主ライフです。

勝ち上がることができる競走馬は、3頭に1頭の割合だと言われています。
だったら3頭出資すれば、1頭は勝ち上がってくれるかもしれません。
そんなわけで、2001年産は複数頭に出資することにしました。
まあお金ないんでたくさんは出資できないですが・・・。

しかし、ここで大きな問題が浮上しました。

カタログ届いたのが一次募集〆切2日前!!

当時は〆切日必着ではなく、当日消印有効でしたが、どっちにしろそんな短期間では選べません。
一次募集で満口になった馬は泣く泣くあきらめることにしました。

今よりずっと即満口馬が少なかったとは言え、リストの段階で出資候補一番手だったシューブラックに出資することはできませんでした。
シューブラックは未出走で終わってしまったので結界的には吉とでましたが、見る目ないなあ私。

2次募集開始を待って、ジェイドロバリー産駒のリヴインホープとエンドスウィープ産駒のウインドフォールに出資。
この頃、ダート馬が好きだったので、ダートを走れそうな馬を選びました。

そして、年が明けてラントルフトが引退したのをきっかけに、シングスピールの持込馬ヴォークリンデに出資しました。

各馬についてはまたの機会に書きたいと思います。

|

« 1歳馬近況 | トップページ | 謹賀新年 »

出資馬回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/8999547

この記事へのトラックバック一覧です: 2001年産募集馬回顧:

« 1歳馬近況 | トップページ | 謹賀新年 »