« プラチナベールはグリーンWへ | トップページ | ブルーメンブラット、京都牝馬S出走 »

2008年1月28日 (月)

振り込み手数料

今月からキャロットクラブでは振り込み手数料を会員が支払うことになりました。

銀行とか金額によって違うみたいですが、私の場合は367円でした。
1年でなんと4404円。
会費を合わせると、3517円の支払いになりますか。
振込み金額で変動はあるかもしれませんが・・・。

やれやれ。
クラブは牝馬買戻しの精算金でもめたのをもう忘れてしまったんでしょうか。
それとも、牝馬買戻しでお金を取ることができなくなったから、こんなみみっちいことを思いついたのでしょうか。

手数料を盗るなら盗るで、規約をこっそり変更してあとは知らんぷりってのはあんまりでは。
最低限、取引銀行を明示して「この銀行のこの支店なら手数料0円になりますよー」ってなことを前もって会報なり請求書に同封するなりで知らせることくらいできないのでしょうか。
しかも請求書が醜い・・・いやいや見にくいです。

牝馬買戻しの件では勝手に自分たちに都合よく解釈を変えておきながら、元に戻すときだけ大いばりで通知してきましたね。
まったくこのクラブは成長していないなあと思います。
もうがっかり。

手数料くらい小さなことでケチケチすんなとクラブは思っているかもしれませんが、そういうのが積み重なって不信感につながるのです。

とりあえず、この件はしばらく静観したいと思います。
可能性は低いでしょうが、牝馬買戻しのときみたいに元に戻るかもしれないし。

しかし、こうも会員の不利になるような変更が続くと、新規出資は考えてしまいますねえ。
シーザリオを始め、ヴォークリンデやドゥルセデレーチェの仔たちが募集さないかなと思って楽しみにしていたのですが。

キャロットクラブには、シーザリオやブルーメンブラットでいい思いもさせてもらいましたし、シーザリオ写真集は宝物です。
レース時の写真がサイトにアップされるようになるなど、サービスもよくなってきていると思っていたのに残念です。

|

« プラチナベールはグリーンWへ | トップページ | ブルーメンブラット、京都牝馬S出走 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/10111952

この記事へのトラックバック一覧です: 振り込み手数料:

« プラチナベールはグリーンWへ | トップページ | ブルーメンブラット、京都牝馬S出走 »