« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

2002年産募集馬回顧

一口馬主の思い出(9)

一口馬主を始めるときには、誰でも目標というか、夢を描くものだと思います。
それはダービーを勝ちたいとか、種牡馬になるような馬に出資したいとか、人によってさまざまでしょう。

私も「こんな馬に出資したい」という目標を3つ掲げました。

一つ、名付け親になりたい。
一つ、『馬なり1ハロン劇場』に出演して欲しい。
一つ、ぬいぐるみを買いたい。

これはかなりの難関です。
名付け親はクラブの人に送った名前を採用してもらえるか次第ですし、『馬なり』は重賞を題材にすることが多いですから、重賞に出ないと出演する可能性は低いです。
重賞に出ても出演するとは限らないですし。
ぬいぐるみに至ってはG1勝ちかナイスネイチャ級の人気馬にならなければ発売されません。

目標を立てたのはいいものの、そう簡単に達成できるとは思っていませんでした。
しかしウインドフォールで名付け親に、シーザリオで残りの2つを実現できました。
まさか一口を始めて3年目の出資ですべての夢がかなってしまうとは。

2002年産の募集馬は関東馬20頭、関西馬22頭の計42頭でした。
キャロットクラブがリニューアルしたときに、ちょうどお腹に入っていた世代です。
サンデーサイレンス産駒が7頭も募集されていて、かなり豪華な顔ぶれでした。

この年、私が出資したのは3頭。
サーチエネミー、オルロフ、そしてシーザリオです。

ウインドフォールの扱いにいろいろ思うところがあったため、定年間近でさほど実績を残していない厩舎は避け、新進気鋭と言われる若手厩舎中心に検討しました。
また、あまり売れていない馬に1次募集からほいほい出資するのはやめ、なるべくぎりぎりまで様子を見ることにしました。

1次募集では、すぐ満口になりそうだったサーチエネミーにのみ出資。
松田国英厩舎で調教助手をしていた友道厩舎所属です。
その後、年が明けてシーザリオが満口間近となったため、出資しました。
こちらも松田国英厩舎で調教助手をしていた角居厩舎所属です。
新規開業の中尾秀厩舎所属のオルロフとファインスティールが2歳4月と言う早い時期に入厩するということで、どちらかに出資しようと思い、オルロフを選びました。

各馬については次の機会に詳しく書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

全頭入厩

3歳上の出資馬5頭がぜんぶ入厩しています。
すごいです。
しかし、冷静に考えれば、3歳のプラチナベールとラウニカは2頭で未だ1走しかしておらず、かなりさびしい状況です。

☆サーチエネミー
薫風Sは除外されてしまいました。
61頭も登録してくるとは。
準オープンのダート短距離は慢性的なレース不足がずっと続いています。
芝中距離戦はフルゲートになっていないレースも多いのですから、番組編成の見通しが甘いのではないでしょうか。
今後は5月18日の立夏Sに目標を切り替えます。

☆ブルーメンブラット
状態はさらに上がっているようです。
5月18日のヴィクトリアマイルに出走予定です。
賞金的にもたぶん問題なく出走できるでしょう。

☆ペルネティアナ
続戦する予定です。
掲示板の常連になってもらいたいですね。

☆プラチナベール
5月4日の牝馬限定・芝1600mの未勝利に出走予定です。
トールポピー放牧中の隙間を縫って入厩しているような気がします。
あまり乗り込んでいませんが、5着以下ならまた放牧になるかもしれません。
惨敗だと転厩の可能性もありますから、ぜひとも見所のある走りをして欲しいものです。

☆ラウニカ
23日に帰厩しました。
とりあえず使ってみるようです。
3週目あたりを目標、とのことですので、5月10日の京都芝1400m牝馬限定戦かなと予想。
小さな馬ですし、デビューから長距離輸送はしないんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

潮干狩り

先日、潮干狩りに行ってきました。
近くに潮干狩りに最適な干潟があるにもかかわらず、昨年、一昨年と行けなかったため、久しぶりです。
ゴールデンウィーク中は混雑しますし、終わった後は貝が採りつくされているような気がするので、ゴールデンウィークが始まる前に行こうと思っていました。

前回行ったときには、時間帯が悪かったのか取り方が悪かったのか、あるいはその両方か、3時間粘って10個ほどとぜんぜん採れず、しかも寒くて悲しかったです。
今回は教訓を生かし、あらかじめ下調べして行きました。

その甲斐あって、最初に掘り出したところからいきなり貝を発掘することができました。
しかし、私は貝掘りは好きなのですが、貝を食べるのはあまり好きではないため、1食分位の量を確保した時点で、波打ち際で小魚を捕まえて遊ぶことにしました。

Chigyo01 Chigyo03

捕まえた小魚です。
2、3cmくらいで、メダカよりも小さいです。
たぶん何かの稚魚だと思いますが、何の種類かよくわかりません。
うちに持って帰って飼いたい衝動に駆られますがガマンです。

Chigyo04

隣の貝はたぶんオキシジミ。
1個だけ見つけました。

Kani01 Kani02

カニさん。
これはマメコブシガニではないかと思います。
たくさんいました。

Kurage01_2 Kurage02

クラゲもいました。

Kai01 Kai02

採った貝。
他のも混じっているかもしれませんが、ほとんどアサリでしょう。
小さな貝とオキシジミ、他の捕まえた生き物はあとで放しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

ペルネティアナは6着

ペルネティアナの中央復帰緒戦は6着でした。

欲を言えば5着に入って次走への優先出走権を得たかったところではありますが、500万下でも十分やっていけそうなので、まずは一安心です。
ただ、馬体が減りやすいのとテンションが上がりやすいのは相変わらずなようで、その辺もう少しマシになって欲しいですね。

次も同じような条件のレース、ということは、新潟の牝馬限定ダ1800mか、あるいは輸送を考慮して京都のダ1800mあたりでしょうか。
できれば降級できるうちに1つ勝っておいて欲しいところですが、それはさすがに難しいですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

ペルネティアナ中央復帰戦へ

☆サーチエネミー
19日の総武Sは目論見どおり除外されました。
27日の薫風Sへ向かいます。
前々走まで着けていたチークピーシズを前走シャドーロールに変えましたが、次走はブリンカーにしてみるそうです。
いろいろ試してくれて、いい厩舎です。
美浦じゃなかったら、同じ厩舎のルークラッドにも迷わず出資しているところなのですが。

☆ブルーメンブラット
5月18日のヴィクトリアマイルへ。
レースの疲れがないのは何よりです。

☆ペルネティアナ
20日の4歳上500万下(牝)に北村友騎手で出走します。
中央復帰緒戦ということで、今後を占う一戦になるでしょうね。
500万下でも通用するところを見たいものです。
馬体が増えていればいいのですが。

☆プラチナベール
16日に帰厩しました。
あまり乗り込んでないので心配ですが、もうあまり悠長にしていられる時期ではありませんし、入れるときに入厩しておないと。
今度は他馬に蹴られることのないよう願います。

○ラウニカ
フケはまだ納まっていないようですが、来週中に帰厩するプランもあるとのこと。
速目は乗っていませんが、継続的に乗り込んでいますし、気性的にも仕上がりは早いのではないでしょうか。
ラウニカが入厩してくれれば、3歳上の馬がすべて入厩することになります。

○グロリアーナ
順調です。
先日、命名証が届きました。
エリザベス女王から連想すると、クイーンエリザベスの次くらいに思いつきやすい名前ですので、他にもこの名前を送った人は多そうです。
エリザベスクィーンという現役馬がいるのでクイーンエリザベスは無理ですし。
過去に名付け親になった2頭は共に未勝利で終わってしまいましたが、グロリアーナにはぜひとも勝ち上がって欲しいです。

○メトロノース
ハロン15秒を出し始めました。
膝ウラの疲れなどなかったかのような進みっぷりです。
ペースアップ自体は良いことですが、あんまり急だと反動が来るんじゃないかと心配にもなります。
でも「早期デビューを視野に」とのコメントには、浮かれちゃいかんと思いつつも、わくわくしてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

2001年産出資馬回顧

一口馬主の思い出(8)

この年、私が出資したのはヴォークリンデリヴインホープウインドフォールの3頭でした。
初出資のラントルフト(ロトピジョン)が未出走で引退してしまったので、実質的にはこの世代から一口馬主ライフのスタートです。

この3頭を通じて、私は出資馬を選ぶ上での重大な要素を知りました。
それは厩舎です。
恥ずかしい話ですが、当時の私は厩舎の重要性というものに、まったく気づいていませんでした。
募集直後に出資したリヴインとウインドなど、どこの厩舎に所属予定なのかすら知らなかったのです。
今とは違い、募集カタログに予定厩舎一覧が同封されるなんて気の利いたことはなかったとはいえ、その気になればすぐに調べられたはずなのに。
あまりにも無頓着でした。

では何を重視して出資馬を選んでいたのかというと、まず関西馬ということと、種牡馬です。
あとは顔とか流星の形とか。
馬体の良し悪しなんて私にはわからないし、何とかと何とかのインブリードでクロスがどーのといった血統もわかりません。
出資した3頭も、その理由は超適当。
ヴォークリンデ→持込ならマル混以外のレースに出られる。顔かわいい。
リヴインホープ→ジェイドロバリー産駒はダート得意。ダート馬なら故障しにくい。
ウインドフォール→エンドスウィープ産駒はダート得意。ダート馬なら故障しにくい。
浅いです。
ちなみにこの年、関西のエンドスウィープ産駒は3頭いました。
エンシェントヒルとエンドレスウェルズ、共に牝馬で1600万と、牡馬のウインドより200万高い価格でした。
ウインドに出資した理由は牡馬なのに牝馬より安く、お買い得だと思ったのですよ奥さん。

当時の私は、馬が良ければ厩舎なんて関係ない、と思っていました。
そりゃ足が速くて丈夫で気性も良ければ、どの厩舎でも活躍できるでしょう。
しかしそんな馬はごくひと握りで、大抵の馬はいろいろ弱いところがあったり、そもそも能力がなかったりします。
その弱点とも言える部分をカバーし、少しでも良い状態で出走させ、馬にあったレースを選ぶのが厩舎なんですよね。
もちろん手を尽くしてもダメなことはありますが、「これだけやってダメなら仕方ない」と思えるなら、たとえ結果が出ずとも、消化不良のまま終わるよりずっと良いと思っています。

ヴォークリンデ、リヴインホープ、ウインドフォール、それぞれを見て、馬の扱いは厩舎によって違うと知ることになりました。
当たり前のことなんですけど、その当たり前のことを知りませんでした。

各厩舎には割り当てられた馬房があります。
馬房の数に限りがある以上、期待薄の馬は後回しにされます。
古馬になってからのヴォークリンデは、厩舎に余裕のあるときしか入厩させてもらえなかったですね。
走るたびに騎手レベルが下がり、期待度の低下が見て取れました。

しかし、厩舎運営も立派な事業である以上、より大きな利益を上げねばなりません。
多くの賞金を稼げる馬を厩舎に入れたほうが効率がいいのは言うまでもありません。
ヴォークは骨折して思うような成績が残せなくなった後、徐々に厩舎内のランクが下がっていきましたが、これは仕方のないことです。
ヴォークには繁殖としての役割もありますから、無事に牧場へ送り出すのも調教師の仕事でしょう。
その割には引退が遅かったような気もしますが、たとえ成績が上がらずとも、致命的な故障をしていない以上、骨折前の走りを見せてくれることを願うのも、まあありかな、とも思います。

リヴインは、まだ馬がそろっていない新規開業の厩舎に転厩したことで、500万下に格上挑戦する未勝利馬としては破格の好待遇を受けました。
リヴインがもし馬房の余裕がない厩舎所属だったら、未勝利戦が終わった段階で引退していたかもしれません。

一方、ウインドといえば、厩舎内の優先度がびっくりするほど低く、いつ声がかかってもいいよう、ひたすら乗り込みながらグリーンウッドで待機し続けるのが主な任務でした。
未勝利戦終了前というのは、弱い馬でも優先してもらえる唯一の時期だと思いますが、それでもなかなか馬房を空けてもらえず、やっと入厩した後も納得できない使い方でした。

クラブの馬は個人馬主の馬よりも立場が弱く、後回しにされてしまうことがあります。
馬房の回転が悪い厩舎だと、クラブ馬が割を食うことが多いです。
クラブ馬でも平等に扱ってくれる厩舎を選ぶことが大切なんだと痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月14日 (月)

ブルーメンブラット、阪神牝馬Sは2着

12日に阪神牝馬Sに出走したブルーメンブラットですが、結果は惜しくも2着。
わずかにエイジアンウインズに届きませんでした。
あと3完歩あったら差し切っていたと思います。

状態も良く、パドックでもほれぼれする好馬体でした。
しかし道中、馬群が団子になってしまい、出るに出られないという厳しい展開となってしまいました。
念願の重賞制覇まであと少しだったので非常に悔しいのですが、ブルーメンは一番強い走りを見せてくれたと思います。
直線の猛追はすばらしい伸びでした。
実は私、ブルーメンは33秒台の上がりは使えないんじゃないかと疑っていたんですけど、強くなっていたのですね。
いつもいつも一生懸命走ってくれて、本当に頭が下がります。
それだけに、いつか重賞の勲章が欲しいです。

次走は5月18日のヴィクトリアマイルを予定しています。
今回の賞金加算でたぶん出られると思いますが、ヴィクトリアの後は牝馬路線よりもスプリント路線に行ってくれたらうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

ムクドリ保護(まとめ)

ムクドリのムクについて、後から思い返すと書ききれなかった部分がたくさんありました。このブログは時間があるときに書いているので、実は記事の時系列もけっこう適当です。
以前書いたことと重複している部分も多いですが、ムクドリの飼い方など、思ったことをまとめてみたいと思います。

2月29日、飛べないムクドリを保護。
成鳥、オス。

ムクは丸2日間何も口にしようとはしませんでした。
その後は食べる食べる。

エサはミルワーム(缶詰)、リンゴ、プチトマト、ドッグフード。
ドッグフードはドッグビットクランブルをあげていました。
400gと量が多くない上、100gずつ小分けされているので便利です。
また、うちの犬が食べているフードだと粒が大きくてふやかさなくてはなりませんが、これは細かい粒になっているので、そのまま与えることができます。
九官鳥フードもそうですが、フード類をふやかして与えると、水分を取りすぎてしまうようで、糞がべちゃべちゃになってしまいます。
水入れは、最初は小判型の陶器製のものを使っていましたが、脚を突っ込んで水をはね散らかしてしまうので、外付けのものに変更。
ケージ内が少し広くなるし、水を全部こぼしてしまって喉が渇いてしまう心配もなくなりました。

最初はじーっとしていたムクですが、エサを食べ始めたあたりから活発に動くようになってきました。
ケージは当初、普通の小鳥用の金属ケージに入れていました。
しかし、尾羽がこすれて抜け落ちてしまいました。
大きさもムクドリにはちょっと小さかったため、九官鳥ケージを購入。
これはなかなか便利でした。
掃除しやすいし、軽いです。

3月10日、九官鳥ケージにお引越し。
移動の際、お風呂場で放してみましたが、まったく飛べませんでした。
羽をバタつかせながら、私の膝くらいまでジャンプするのがが精一杯という感じでした。

水浴びはケージの上からシャワーでざぶざぶ水をかけていました。
天気の良い日は毎日水浴びさせていましたが、嫌がることはなく、気持ちよさそうでした。
水浴びさせた後は、ケージが乾くまでひなたで日光浴させていました。
一応、日陰も作っていましたが、春先で日差しがあまり強くないこともあってか、ほとんどひなたにいました。

基本的に昼間は外にケージを出し、家の中に入れるのは夜の間と風の強い日だけでした。
ムクは家の中ではまったく鳴きませんでしたが、外ではよくさえずっていました。
ムクドリはうるさいイメージがあったのですが、1羽だけということもあり、鳴き声は気にならなかったです。
そして意外と声も悪くなかったですね。

4月2日、ムクがケージを脱走して家中を飛び回り、いつの間にか飛べるようになっていたことが判明したため、翌日3日に放鳥しました。
家の近くで見つけたので、この辺の土地勘はあるだろうと思い、いつもケージを置いていた場所から放しました。
ムクは一目散に飛び去っていきました。

以来、ムクの姿を見たことはありません。
ムクドリがいるたびに、ムクじゃないかと思って尾羽を凝視するのですが、場所が遠かったりしてよくわからないことが多いです。
ムクはきっと、どこか別の場所で暮らしてしているのでしょう。
そう、願っています。

 ドッグビットクランブル 400g【税込2,950円以上で送料無料】

HOEI PQ :(九官鳥専用ケージ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月10日 (木)

ブルーメンブラット、阪神牝馬S出走

☆サーチエネミー
5日に帰厩しました。
除外権利を1つ取って、27日の薫風Sへ向かう予定です。
いつも中川師のコメントは詳しくてありがたいです。
除外権1つで大丈夫かわかりませんが、得意の東京ダ1400m、出たいですね。

☆ブルーメンブラット
阪神牝馬Sに出走します。
ジョリーダンス、キストゥヘヴンと、今まで後塵を拝してきた相手もいて、ローブデコルテも怖いんですけど、何とかならないですかね・・・。
いつかは重賞を勝って欲しいと思っている馬ですし、実際、重賞に届くだけの力は持っていると思いますが、このメンバーだと勝つには展開の助けが必要でしょう。
不利なく、流れが向くのを祈るだけです。

☆ペルネティアナ
ゲート試験は合格していました。
落ち着きも出てきているようです。
20日の福島競馬のダ1700mに出走予定です。

○プラチナベール
何と「入厩」という文字が!
早ければ来週、という但し書き付きですが、予想以上に早いです。
あと1ヶ月くらいは最低でも乗り込まなきゃならないと思っていました。
何事もなく、無事に入厩できますように。

○ラウニカ
何と「帰厩」という文字が!
今月末までには、という但し書き付きですが。
フケの症状は落ち着いてきているようです。
飼葉食いもまあまあいいようで、フケが治まれば帰厩、という感じになるんでしょうか。
小さい馬だけに仕上がるのは早そうです。
何事もなく、無事に入厩できますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

出資馬の仔たち

春は命あふれる季節ですね。
もっとも、競馬の世界はだんだんサイクルが早くなっていて、最近は1月や2月の真冬に生まれるお馬さんも多いのですが。

牝馬に出資する楽しみの一つとして、引退後も産駒を追いかけるというものがあります。
今まで私の出資した牝馬たちは、幸いなことにみな繁殖入りしています。
昨年はヴォークリンデ、ドゥルセデレーチェ、スプリームブリスの3頭が新たに繁殖入りしました。
繁殖入りした出資馬たちが過去、何を種付けしたのか振り返ってみました。

○ロトピジョン(ラントルフト)
2006年 マーベラスサンデー 牡 栗毛 (ロトパートナー)
2007年 アグネスフライト 牡 栃栗毛
2008年 (タニノギムレット)

○シーザリオ
2007年 キングカメハメハ 牡 鹿毛
2008年 (キングカメハメハ)

○ヴォークリンデ
2008年 (アグネスタキオン)

○ドゥルセデレーチェ
2008年 (ディープインパクト)

○スプリームブリス
2008年 (アグネスタキオン)

2008年産はまだ軽種馬登録協会に登録されていないので、無事に生まれているかは分からないのですが。

ロトピジョン以外は、キャロットクラブで産駒が募集される可能性もありそうです。
去年生まれたシーザリオの初仔は募集されるという話もあるようですが、私の手が出せる値段ではないでしょうし、他の3頭は今年生まれが初仔ですから、2代出資というのはまだ先の話になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

出資馬近況

毎週書いている出資馬近況ですが、入厩馬と未入厩馬の区別がついていないことに、今ごろ気が付きました。
というわけで、今後は☆入厩馬○未入厩馬と記号を分けて書こうかと思います。

○サーチエネミー
速いところを開始。
来週あたり、入厩の話も出てくるかもしれません。

☆ブルーメンブラット
阪神牝馬Sに後藤騎手で出走予定です。
あと1週間ですね。
重賞に手が届くだけの力はあると思うのですが。

☆ペルネティアナ
ゲート練習はおとなしくこなしているようです。
木曜日にゲートから速目をやっていて、試験を受けたんじゃないかと思ってますが、更新がないのでわかりませんね・・・。
ゲート試験に合格すれば、福島のダ1700mあたりを目標にするようです。

○プラチナベール
ハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。
体温も一応は安定している様子。

○ラウニカ
17~18秒のキャンター調整中です。
フケはまだあるようですが、調教自体はきちんと走っているようです。
コマンダー牝馬は気性面に問題を抱えていることが多いですが、あんまりストレス溜めずに飼葉、食べて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

ムクドリ保護(7)

九官鳥ケージに付いていた止まり木はムクには太すぎるかな、と思っていたのですが、なかなかちょうどよさそうな止まり木を見つけられず、ダイソーで木の棒を買ってきて自作することにしました。
しかし、長さ90cmの棒を持って歩いていると、通行人に避けられますね。
いきなり殴りかかったりしないのに・・・。

九官鳥ケージは網目が太いため、うちのボロノコギリでは木に切り込みを入れるのがなかなか大変でした。
途中、長さを間違えたりして、けっこう時間がかかってしまいました。

それはさておき、新しい止まり木を取り付けようとしたところ、ムク脱走。
家の中を飛び回ります。

飛んでる!

いつの間にか飛べるようになってたんですね。
3週間ほど前に風呂場で放してみたときはまったく飛べなかったので、もう飛べないもんだと思い込んでおりました。
野生動物の回復力ってすごいです。

飛べる鳥をいつまでも閉じ込めておくことはできません。
翌日、放すことにしました。

最後のエサをやり、ケージの戸を開きます。
戸を固定しようとしたとき、ムクはあっという間に飛び去っていきました。
もうちょっと名残惜しそうにしてくれても・・・。

尾羽がまだ生えそろっていないとか、人間のニオイが付いていて仲間に入れてもらえるのかとか、そもそも飛べるとはいえケガは完全に治っているのかとか、いろいろ心配はあるのですが、野鳥は外で自由にしていてこそ野鳥でしょう。
飛べる以上、人にずっと飼われているのは、ムクにとって不幸なことだと思います。
春はすごしやすい季節ですし、ムクには無事に野鳥としての生活に戻って欲しいと心から願います。

エサはしばらくの間、毎日外に出しておこうと思います。
1ヶ月ちょっとと、短い間でしたが楽しかったです。

Mukudori08Mukudori09Mukudori10Mukudori11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »