« グロリアーナ回避 | トップページ | 1次募集の口数発表 »

2008年9月28日 (日)

出資基準

今年は出資馬を決めるのにかなり悩みました。
もともと優柔不断な性格とは言え、去年はもっとすんなり決まったような気が。
自分なりに出資する基準というものはあるのですが、募集シーズンになるとそんなことすっかり忘れてしまうのは困りものです。
今さらですが、出資基準などを語ってみようかと思います。

1、関西馬
鉄の掟です。
西高東低ということもありますが、小倉競馬場へ来てくれる可能性は関西馬が圧倒的に高いですから。
直接見に行けるのが、私の場合、小倉しかないのです。
なので、関東馬は最初から存在しないものとして考えるようにしています。
今年は美浦の厩舎なのに大好きな中川厩舎予定馬がいなかったので、葛藤することはありませんでした。

2、牡馬3000万以下、牝馬2000万以下
これは単純に懐具合によります。
お金があればポトリザリスの07やローザネイの07に行きたいのですが、私にゃ無理っす。

3、厩舎
厩舎はかなり重視しています。
好きな厩舎と、妥協できる厩舎と、嫌な厩舎の3種類に分けて考えています。
最近は良い厩舎の馬は高額馬が多いので、悩ましいですね。
どうしても避けたい厩舎はいくつかあって、それらの厩舎予定の馬はどんなに他が気に入っても無条件で除外します。

4、G1馬の下、もしくは仔は避ける。重賞馬の下、もしくは仔もなるべく避ける。
日本で走った馬に限ります。
海外なら重賞を勝っていてもいいです。
この条件はあまり重要視してはいませんが、迷ったときはこれで切ることが多いです。
2の予算と大いに関係があって、母親や上が日本で活躍していると、普通、値段が跳ね上がってしまいます。
私の予算では手が出ないことが多いし、手が届いても「何でこんなに安いの?」って疑問に思います。
上が1頭だけ活躍して他はさっぱりとか、母が高齢とかの理由で安いのであればいいのですが、出来が悪くて安いのであれば困ります。

勝手なことをいろいろ書きましたが、すべては予算の都合上、たくさんの馬に出資することができない、というところからきています。
なのでどうしても消去法でかなりの馬をざくざく削っていかないといけないんですよね。
年に3頭以下、全体では8頭以下に収まるように調整しています。
それ以上増えると維持費が大変。
しかもすべての馬を把握することができなくなります。
頭悪すぎです。

|

« グロリアーナ回避 | トップページ | 1次募集の口数発表 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/24014169

この記事へのトラックバック一覧です: 出資基準:

« グロリアーナ回避 | トップページ | 1次募集の口数発表 »