« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

マージービート15戦目5着

29日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に岩田騎手で出走したマージービートは5着でした。

ギリギリ優先出走権を取ったので、限定未勝利戦へ出走できるようになりました。
しかし、もはや崖っぷちを通り越し、片手で崖からぶら下がっているような状況です。

レースでは、相変わらず前に進んで行けず後方からの競馬。
じりじりと伸びるも、切れる脚がないので5着まで押し上げるのが精一杯でした。
精神面の課題は見せなかったとのことですが、もうずっと前から闘争心に欠けるというか、進もうという気持ちをあまり感じないお馬さんなんですよね。
こればっかりはそうそう急に変わるもんじゃないでしょうし、困ったものです・・・。
現状では、ハイペースで前が総崩れになるなどの展開が向かないと勝つまでには至らないのでしょうか。

泣いても笑っても次が未勝利のラスト1戦です。
はたして最後のチャンスで崖をよじ登ることができるのか・・・。
もしダメでも、マージーには障害入りとかで現役を続けて欲しいと思っているんですが、今はただ、限定未勝利での勝ち上がりを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

カルド、デビュー戦3着

28日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に柴田善騎手で出走したカルドブレッサは3着でした。

レースでは出負けして後方からの追走。
直線に入ると1頭違う伸び脚を見せ、大外から追い込んで来ましたが、届きませんでした。
しかし、ダントツの上がり1位で、能力のあるところを見せてくれて、デビュー戦としては上々の結果だったと思います。
最後までしっかり脚を伸ばしていて、折り合いも大丈夫そうなので、距離はもう少し長くてもよさそうな感じですね。
今後が楽しみになりました。

1、2着馬が前に行った馬ですし、出遅れたことを考えても、無事ならすぐ勝ち上がれそう・・・。
と言いたいところですが、微妙にキャラが似ているマージーも、2着連発していた頃はすぐ勝てそうに思っていましたが、未だ勝ち上がっていないので、あまり入れ込まないよう自分を戒めておきます。
マージーよりも切れる脚があることがわかりましたし、早く勝ち上がってもらって安心したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

今週のお馬さん(8月27日)

3歳未勝利馬が次々と引退しています。
毎年のこととは言え、寂しいですね。
私もマージービートとピットスポルムを抱えているので、ヒトゴトではありません・・・。

○メトロノース
イクタTFで調整中です。
あいかわらず太目のようですが、この暑い中やせないのは、逆に体調が良い証のようで頼もしいです。
もともと昔から太りやすい体質だった気もしますが・・・。
9月25日の大阪スポーツ杯に出られればいいなと思っているのですが、3歳未勝利戦が終わるまで入厩できないかも。

○ピットスポルム
グリーンウッドで調整中です。
小倉開催には間に合わなかったですね。
限定未勝利に出る権利はあるので、それが最後の1戦となりそうです。

☆マージービート
29日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に岩田騎手で出走予定です。
裂蹄はひどくなっていない様子。
ここで5着以内に入れなければ、もう未勝利戦には出られません。
5着以内に入れば限定未勝利をあと1戦使えるとはいえ、ここが最後だというくらいの気持ちで勝負してほしいです。
さすがに優先権持ちの馬が多く、厳しい戦いになりそうですが、私はまだ、マージーには未勝利を勝てるだけ力があると信じています。
がんばれ、マージー!

☆カルドブレッサ
28日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に柴田善騎手で出走予定です。
体調面に不安なくデビューを迎えられるとのことでうれしいですね。
マージーと同じジャングルポケット産駒の栗毛牡馬。
しかし、この時期の3歳未勝利戦と2歳新馬戦では、レースを見る心境がまるで違います。
なかなか人気しそうな感じですが、まずは次につながる走りを見せてくれれば。

○フェーラシュヴァル
NF空港で育成中です。
じわじわペースアップできているのはいいですね。
まだ馬体に幼さが残るそうなので、成長するまでは坂路の本数を1本に留めていくのでしょうか。
坂路を2本こなすことができれば、本州へ移動の話も出てきそうですが、晩成タイプっぽいので、もう少し時間がかかるかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

出資馬の仔2010-2

今週末発送のカタログ発送が楽しみすぎて、いてもたってもいられなくなってきたので、かつての出資馬たちのお仔さんを並べて、気分を落ち着かせることにしました。

○ロトピジョン(ラントルフト)
06 ロトパートナー 牡 父マーベラスサンデー 栗毛
07 ロトインパルス 牡 父アグネスフライト 栗毛
08 ロトマティーニ メス 父タニノギムレット 栗毛
09 馬名未定 牡 父バブルガムフェロー 鹿毛
10 不受胎(ブラックタイド→アドマイヤボス)

○シーザリオ
07 トゥエルフスナイト 牡 父キングカメハメハ 黒鹿毛 キャロ8000万
08 ヴァイオラ メス 父キングカメハメハ 青鹿毛 キャロ3200万
09 不受胎 (ウォーエンブレム)
10 馬名未定 父シンボリクリスエス 牡 鹿毛

○ヴォークリンデ
08 ヒッチコックレディ メス 父アグネスタキオン 栗毛 
09 馬名未定 牡 父ネオユニヴァース 鹿毛 キャロ1800万 
10 馬名未定 牡 父ハーツクライ 鹿毛

○ドゥルセデレーチェ
08 アルファホール 牡 父ディープインパクト 鹿毛 キャロ5000万
09 馬名未定 メス 父ディープインパクト 鹿毛 キャロ2800万
10 馬名未定 牡 父アグネスタキオン 栗毛

○スプリームブリス
08 レディオスソープ メス 父アグネスタキオン 栗毛 セレクトS2008F落札
09 馬名未定 メス 父デュランダル 鹿毛
10 馬名未定  牡 父ゼンノロブロイ 黒鹿毛

○ブルーメンブラット
10 馬名未定 牡 父シンボリクリスエス 鹿毛

○プラチナベール
10 (チチカステナンゴ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

ニビ色違いラティアス

色違いラティアスをゲットしました!
去年配信されたニビシティラティアスの色違いです。

前日、運よく自然遭遇の色違いシェルダーをゲットした私は、色ラティアスをねばる作業を再開しました。
ニビシティラティが配信されてから約9ヶ月、ラティアスとニビはくぶつかんの往復は、すでにテレビを見るときの日課となっています。

でも、昨日色シェルダーが出て来たばっかりだし、そうそう次の色違いは出て来ないだろうと思っていました。
しかし。
出るときは出るもんなんですね・・・。
9ヶ月間出なかった色違いラティアスが、なんと色シェルダーを捕まえた翌日にキラーンと登場!

ゲットするときは緊張して手が震えました。
伝説ポケモンだけあって、捕獲率が低く、なかなかボールに入ってくれないんですよ・・・。
わるあがきで自滅されたり、操作ミスでうっかり倒したりしたら泣くに泣けません。
最初はスピードボールを使い、ターンを稼いだらタイマーボールに切り替え、それでもダメなら最後の手段でマスターボールを使おうと決意していました。
でも、幸い色ラティアスちゃんは20個目ぐらいのスピードボールに入ってくれました。

色違いラティアスはきれいな金色です。
性格はがんばりやでした。
がんばりやの色違いラティアスかわいいです。
経験値を入れてしまうのはもったいないような気がするので、バトルには出しませんが、秘伝技を覚えさせて、ぜいたくな秘伝係として常に手持ちに入れようと思います。
HGSSでは連れ歩きでも色違いなのがうれしいですよね。
ブラック・ホワイトでも連れ歩きできればいいのですが。

次はハートゴールドでニビシティラティオスの色違いをねばります。
ぜひとも色違いのラティ兄妹をそろえたいですね。

Irorathiasu01 Irorathiasu02 Irorathiasu03 Irorathiasu04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

HG色違いシェルダー

ハートゴールドで色違いシェルダーを釣り上げました!
メインロムはソウルシルバーを使っているので、サブロムにしているHGはあまりプレイしていないこともあり、HGでは初の色違いです。

秘伝要員にクチバシティにランターンを釣りに行ったら、色シェルダーが出てきました。
まったく予想していなかったのでホントびっくり。
正直、今までシェルダーやパルシェンには何の思い入れもなかったのですが、自然遭遇の色違いはまた格別です。
しかも、シェルダーはダイパプラチナでもポケトレでゲットできないのでうれしいですね。

色違いシェルダーはオレンジ色の派手な色をしています。
みずのいしで進化してパルシェンになると、一気に色が変わって青くなります。
色違いパルシェン変わりすぎ。
色シェルダーがオレンジ色だったので、最初はスピードボールで捕まえようかと思いましたが、進化後を考えてヘビーボールでゲットしてみました。

この色違いシェルダー、性格はおだやかでした。
特性がシェルアーマーだったので、耐久型に育ててみようかと思います。

これでHGSSでゲットした色違いは、ニョロモミニリュウコクーンに続いて4体目になりました。
しかし翌日、なんと5体目の色違いをゲットするという奇跡がおきました。
その色違いは・・・こちらで紹介しています。

Irosyeruda01 Irosyeruda02 Irosyeruda03 Iroparusyen

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

2010年1歳馬募集リスト

2010年度募集馬の価格と東西別リストが着いたので、ヒマさえあれば眺めています。
パッと見、最高価格を下げて、その分中間価格帯に上乗せされているような印象を持ちました。
全体的には昨年並みといった感じでしょうか。

厩舎がわからないと検討できないとはいえ、リストの段階でも気になるお馬さんがチラホラと。
その筆頭はヴォークリンデの09。
母親のヴォークリンデは、かつての出資馬で、初出走と初勝利を上げてくれた思い出のお馬さんです。
過去募集されたシーザリオやドゥルセデレーチェの仔は高すぎて手が届きませんでしたが、ヴォークリンデの09の1800万なら買えます!
ちょっと安すぎるような気がしないでもないですが、ついに母馬優先権を行使できる日が来るかもしれません。
ってか、母馬優先権は今年も実施してくれるのでしょうか。
実施してくれればいいのですが。
お母さんは藤原英厩舎でしたが、どこになるか気になります。

今年の募集馬は信楽牧場の1期生となるでしょうし、タペタがどう転ぶかわからないので、様子見もかねて安いお馬さんを中心に検討したいなと思っています。
まあ、私の場合、高額馬にいく余裕は毎年無いわけですが・・・。
カタログを見るのが楽しみです。
27日夕方発送とのことなので、うちに届くのは早くても30日になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

今週のお馬さん(8月20日)

うちの犬は私がしゃっくりするとものすごく怯えるんですが、何でだ・・・。
あまりに怯えるので、しゃっくりが出たら犬を冷房の効いた部屋に残し、私は暑い玄関でしゃっくりが止まるまで待つわけですが、とてもむなしいです。

○メトロノース
イクタTFで調整中です。
そろそろ入厩の声が聞きたいなあ、と思ったりもしますが、3歳未勝利戦が終わるまでそちらが優先ですかね。

○ピットスポルム
グリーンウッドで調整中です。
馬体重は463キロ。
やっぱりだんだん馬体回復にかかる時間が短くなってきていますね。
ピットなりに成長しているのかもしれません。

☆マージービート
レース後も蹄は何とか大丈夫だった様子。
今後は、来週以降の番組で手薄なところを狙っていくようです。
ギリギリの状況ですが、何とか勝ち上がってほしいです。
もし勝ち上がれなくても、障害入りとかで現役続行して欲しいと思っているのですが、今はただ、次走での勝ち上がりを祈るのみです。

☆カルドブレッサ
28日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に柴田善騎手で出走予定です。
小倉だったら見に行けたの少し残念ですが、今の福岡は地獄のように暑いので、暑さという点では新潟のほうがいいでしょう。
そして、またまた報知競馬ブログにカルドブレッサのことが載っていました。
ほめられると、どうにも期待がふくらんじゃって困りますね。
デビュー前からあまり浮かれすぎないようにしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

さいきょうボーマンダ

最強シリーズのラストを飾る、さいきょうボーマンダです。
さいきょうボーマンダは、2008年2月15日~3月14日までの期間、ポケモンセンターやジャスコ、トイザらス等で配布されたポケモンです。

ボーマンダ ♂ Lv.50
ボール:プレシャスボール
おや:さいきょう
IDNo.02158
性格:やんちゃ
特性:いかく
技:ハイドロポンプ・ストーンエッジ・だいもんじ・ドラゴンクロー
持ち物:りゅうのキバ
リボン:なし
トレーナーメモ:ポケモンイベントで Lv.50のときに うんめいてきなであいをした ようだ

やはりクラシックリボンが付いていないので、GTSにいる可能性があります。

Saikyoubomanda01 Saikyoubomanda02 Saikyoubomanda03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

NZマナフィ

現在配信中のNZマナフィです。
NZマナフィは、2010年8月14日~9月12日の期間、ニンテンドーWi-Fiコネクションで配信されているポケモンです。
最近はポケモンブラック・ホワイト発売が控えているせいか、いろいろ連続で配信されています。
9月16日からはBWでリバティチケットが配信予定なので、DPPtHGSSでは最後の配信になるかもしれませんね。

マナフィ Lv.50
ボール:プレシャスボール
おや:NZ
IDNo.08110
性格:わんぱく
特性:うるおいボディ
技:アクアリング・みずのはどう・みずあそび・ハートスワップ
持ち物:サンのみ
リボン:クラシックリボン
トレーナーメモ:Wi-Fiプレゼントで Lv.50のときに うんめいてきなであいをした ようだ

親がNZのポケモンは昨年配信されたNZジラーチに続く第2弾。
Wi-Fiでの配信期間は8月14日からですが、羽田空港で11日から先行配信されていたそうで、IDは先行配信開始日に合わせてIDNo.08110になっています。

幻ポケモンで性格が固定されているのは珍しいですね。
同じように配信されたNZジラーチやススムミュウは性格ランダムだったのですが。
わんぱくなので、使うなら耐久型ですかね。

Nzmanafi01 Nzmanafi02 Nzmanafi03 Nzmanafi04 Nzmanafi05 Nzmanafi06 Nzmanafi07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

マージービート14戦目5着

15日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に佐藤騎手で出走したマージービートは5着でした。

裂蹄で満足いく調教を行えておらず、順調とはとても言いがたい調整過程の中、ギリギリ優先出走権を取って首の皮一枚つながりました。
綱渡り状態なことに違いはありませんが、これであと1戦は未勝利戦を走ることができます。
今回のレースを調教代わりとして、少しでも状態が上がってくれることを祈ります。

ただ、レース後のジョッキーのコメントを読むと、相変わらず走る気に欠けているのが気になりますね。
もう少し前向きな気性であれば、すでに勝ち上がっていてもおかしくなかったでしょう。

とにかく、あと1戦はチャンスがあるわけですから、最後までマージーを信じて応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

今週のお馬さん(8月13日)

○メトロノース
イクタTFで調整中です。
順調に進められています。
9月の阪神開催で復帰できればいいなあと。
今月中に入厩の話が出てくるといいですね。

○ピットスポルム
グリーンウッドで調整中です。
スーパー未勝利へ出る権利はありますが、次で最後になるかもしれないので、悔いが残らないよう調整してもらえればと思います。

☆マージービート
15日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に佐藤騎手で出走します。
裂蹄で満足いく調教を行えていませんが、厩舎的に来週には使うだろうと思っていたら、まさかの今週出走でした・・・。
タイムリミットがせまっている中、とても状態が良いとは言いがたい中での出走となります。
しかし、この時期の未勝利戦へ出てくる馬というのは、多かれ少なかれ不安を抱えている馬たちで構成されていますから、せっぱつまっているのはマージーだけではありません。
今はただ、マージービートの力と陣営の選択を信じるのみです。
どうか裂蹄がひどくなりませんように。

☆カルドブレッサ
22日の小倉競馬(2歳新馬・芝1800m)もしくは28日の新潟競馬(2歳新馬・芝1600m)に出走予定です。
小倉だったら見に行けるので応援に行きます。
先週の記事ですが、報知競馬ブログにカルドブレッサのことが載っていました。
また、馬三郎のPOGの記事にも載っていました。
なかなか評判が良いようで、デビューが楽しみです。

○フェーラシュヴァル
NF空港で育成中です。
475キロ(+13)
ハロン15秒の調整が週1回から2回になりました。
トモの不安がぶり返すことなく、このまま速いところを継続していけるかが、今後の分岐点となるでしょうね。
ここ2ヵ月ほど、馬体重が増えてきました。
速目を乗り込みながらも増加してるので、今が成長期なのかも。
全兄2頭が大型馬で、脚元があまり丈夫でないことを考えると、あまり大きくなって欲しくはありませんので、500キロ超えないくらいで馬体重の増加がストップしてくれないかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

過去の勝ち上がり馬

来たるべき本年度の出資へ向けて、過去の出資馬を振り返ってみました。

2000年産からキャロットクラブで出資し始め、今年の募集される2009年産で10年目となります。
これまでの出資馬は左側の出資馬一覧ページにまとめてありますが、自分の傾向が何か掴めるかもしれないので、ざっと並べてみます。

2000年産 ラントルフト(ロトピジョン)
2001年産 ヴォークリンデリヴインホープ・ウインドフォール
2002年産 サーチエネミー・オルロフ・シーザリオ
2003年産 ドゥルセデレーチェ・ブルーメンブラット・スプリームブリス
2004年産 ペルネティアナ
2005年産 プラチナベール・ラウニカ
2006年産 グロリアーナ・メトロノース
2007年産 ピットスポルム・マージービート・クラウドバスター
2008年産 カルドブレッサ・フェーラシュヴァル

オレンジ色は勝ち上がったお馬さんです。
あらためて見ると一目瞭然でした。
2005年産以降、勝ち上がっているのがメトロノースただ1頭!
まだ2歳の2008年産は置いておくとしても、2005~2007年産の3年で7頭出資して勝ち上がり1頭って少なすぎやーしませんか?
2004年以前は、11頭出資して6頭勝ち上がりなので、けっこう良い成績だったと思うのですが・・・。
ピットスポルムとマージービートは現役なので勝ち上がるチャンスが残っているとは言え、時期的にガケっぷちな状況です。
マージーが勝ち上がれなかったらマジやばいです。

で、ターニーングポイントとなっている感のある2005年産ですが、シーザリオやハットトリックが大活躍した翌年の募集馬となります。
まったく自覚は無いのですが、シーザリオの活躍で、気がつかないうちに何かが自分の中で変わってしまったのでしょうか。
それが何かと言われれば、はっきりはわからないわけですが、いらん知恵が付いてしまって裏読みとかするようになっている(しかも根拠はまったく無い)のが良くないのかもしれません。
昔は厩舎すら知らずに出資してたのに!
今はそんなこと怖くてできませぬ・・・。

あとは、会員が増えて、それに伴って募集馬が増えたのも関係しているのかも。
2005年産が募集されたあたりから、あまり様子見ができなくなってきたんですよね。
シーザリオもブルーメンも3歳春まで売れ残っていましたが、もしこの2頭が1次募集で満口になっていたら、きっと私は買っていないと思います。
ギリギリまで様子見して、順調そうな馬に出資するという方法が年々使えなくなってきました。

とにかく、会員増による大抽選会ばかりはどうしようもないわけですし、今年も出資しようと思っているので、なんとかいいお馬さんにめぐり合えるように祈るばかりです。
とりとめなくぐちゃぐちゃ書いておいて、結局、運頼みという結論になってしまいました。
これでいいのか私。
でも昔も今も、馬体見てもわからないしね・・・。
マージーやカルドが勝ち上がってくれれば、気分スッキリで今年の募集馬選びに臨めるんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

さいきょうカイリュー

最強シリーズ第4弾、さいきょうカイリューです。
さいきょうカイリューは、2008年1月15日~2月14日までの期間、ポケモンセンターやジャスコ、トイザらス等で配布されたポケモンです。

カイリュー ♂ Lv.50
ボール:プレシャスボール
おや:さいきょう
IDNo.01158
性格:おっとり
特性:せいしんりょく
技:りゅうせいぐん・10まんボルト・げきりん・りゅうのまい
持ち物:ヤチェのみ
リボン:なし
トレーナーメモ:ポケモンイベントで Lv.50のときに うんめいてきなであいをした ようだ

通常ではレベル55にならないと進化しないカイリューを、レベル50で手に入れられるので、さいきょうシリーズの中では一番レアなポケモンと言えるでしょう。
他のさいきょうシリーズのポケモンと同様、クラシックリボンが付いていないので、GTSでも見つけられるかもしれません。

Saikyoukairyu01 Saikyoukairyu02 Saikyoukairyu03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

さいきょうミロカロス

最強シリーズ第3弾、さいきょうミロカロスです。
さいきょうミロカロスは、2007年12月15日~2008年1月14日までの期間、ポケモンセンターやジャスコ、トイザらス等で配信されたポケモンです。

ミロカロス ♀ Lv.50
ボール:プレシャスボール
おや:さいきょう
IDNo.12157
性格:ずぶとい
特性:ふしぎなウロコ
技:あまごい・じこさいせい・ハイドロポンプ・れいとうビーム
持ち物:かえんだま
リボン:なし
トレーナーメモ:ポケモンイベントで Lv.50のときに うんめいてきなであいをした ようだ

5種類あるさいきょうシリーズの中で、唯一の♀ですね。
親も他の4体が青字なのに、さいきょうミロカロスのみ赤字です。
クラシックリボンが付いていないので、がんばればGTSで見つけられるかもしれません。

Saikyoumirokarosu01 Saikyoumirokarosu02 Saikyoumirokarosu03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

今週のお馬さん(8月6日)

右足の小指の爪が割れしまってとても痛いです。
再度ぶつけたら悶絶しちゃいますから、治るまでサンダルは絶対履けないですね。

○メトロノース
イクタTFで調整中です。
この調子で行ければ今月中に入厩の話が出てくるかもしれませんね。
9月25日の大阪スポーツ杯あたりを目標にできればと思います。

○ピットスポルム
グリーンウッドで調整中です。
2回小倉を目標にしていくそうです。
小倉で走ってくれるなら、見に行けるのでうれしいです。

☆マージービート
函館競馬場へ入場しました。
最初は札幌競馬場へ入場する予定だったようですが、函館競馬場に変更になりました。
蹄のことを考えると、札幌よりも函館で調教するほうが負担は少ないような気がします。
未勝利戦終了間際というがけっぷちの状況でなければ、ゆっくり蹄が伸びるのを待ちたいところでしょうが、とにかく時間が無いので、うまくごまかしながらレースへ出なければなりません。
あと未勝利戦に出られる回数は、優先権を取れたら3回、取れなかったら2回くらいでしょうか。
しかし蹄のことを考えると、走れば走るだけさらに割れる可能性が出てくるので、復帰初戦が勝負となりそうです。

☆カルドブレッサ
ゲート試験に合格しました!
このままデビューまで進めていく予定だそうです。
小倉デビューなら8月22日の芝1800あたりが有力かなと思います。
もちろん見に行きますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

ポケモンBWドッチーニョ

ポケットモンスターブラック・ホワイトの情報がだんだん出てくるようになりましたね。
いつもは攻略本が出てからソフトを購入するのですが、幻のポケモンビクティニと出会えるアイテム「リバティチケット」が発売開始日から1ヶ月間配信されるとあって、今回は予約して買おうと思っています。
ハートゴールド・ソウルシルバーのときは品薄が1ヶ月くらい続きましたからねえ。

最終的にはブラックとホワイト両方買いますが、予約するのはどちらか一方だけにしようかなと思います。
そこで問題なのがどちらを予約するかということ。
予約したほうがメインロムになるのでしっかり決めておかないといけませんが、どちらにしようか悩みます。
過去のメインロムは、緑→ピカチュウ→銀→エメラルド→リーフグリーン→パール→プラチナ→ソウルシルバー、という変遷をたどっています。
一時期ポケモンから離れていた時期があるので、クリスタルとルビー・サファイアはプレイしていないんですよね。

一応、現時点ではホワイトにしようかと考えていますが、まだ未定です。
とりあえず、どっちにするにしろ予約して発売日に手に入れ、ビクティニの配信期間が終わるまでは最初のポケモンの色違いをねばってみようかと計画中です。
ビクティニはエスパー・ほのお、レシラムはドラゴン・ほのお、ゼクロムはドラゴン・でんきと、今まで出てこなかったタイプのポケモンが出てくるので、今からすごく楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

ニホンメダカ3代目

一昨年、近所の溝で捕ってきたメダカも順調に代重ねを続けて今年3代目が誕生しました。
野生出身の初代は、すでに皆この世にいませんが、その血は水槽の中で受け継がれています。

去年は仔メダカをプラケースに入れて室内で育てました。
が、水がすぐ腐ってしまうため、毎日の水替えが欠かせず、かなり面倒なことになってました。
なので今年はワイルドに屋外で飼育することに。
バケツに水とその辺の田んぼから持ってきた藻を入れて日影に放置し、室内の水槽にいる親メダカが水草に産みつけたタマゴをせっせと運びます。
あとはほぼほったらかし。
順調にタマゴは孵化し、仔メダカが育っています。
水も腐らないです。
藻にくっついていたタニシや微生物が、エサの食べ残しを処理してくれているんでしょう。
去年の手間はなんだったのか・・・。

大きくなっても親メダカと一緒にせず、このまま外のバケツで育ててみることにしようと思います。

Medaka201001 Medaka201002 Medaka201003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

夏バテ中

熱い熱い熱い!
誤変換ではありませぬ。
もはや暑いのを通り越して熱いんです。
本日の最高気温は36℃でした。
最低気温は29℃です。
寝苦しくてあまり眠れないですよ。
眠りが浅いせいか夢を見ます。
亡き父が2日連続で夢に出てきました。
お盆が近いからかな・・・。
いい年して嫁の貰い手のない娘を心配しているのかもしれません。
趣味が競馬とポケモンの女じゃ、きっと一生一人だよお父さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »