« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

今週のお馬さん(10月29日)

NFしがらき開設に伴って、クラブの馬たちがどんどん移動しています。
というか、しがらきって平仮名だったんですね・・・。
信楽だとばっかり思っていました。

☆メトロノース
31日の東京競馬(東京ゴールデンプレミアム・ダ1400m)に内田騎手で出走します。
除外されて翌週へスライドの可能性が高いかなと思っていましたが、抽選突破しました。
前走はなかなか良い走りだったので楽しみです。

○マージービート
NF空港を出発し、NFしがらきへ移動です。
年内は北海道で調整するかと思っていました。
空港へ1歳馬が育成に入ってくるため、ところてん式に押し出されたということもあるのでしょうが、もうハロン15秒のペースで乗れているとは、相変わらずマージーのタフさには驚かされます。

○カルドブレッサ
グリーンウッドからNFしがらきへ移動です。
私はグリーンウッドが好きだったのですが、今後はしがらきがメインとなっていくんでしょうね。

○フェーラシュヴァル
NF空港でウォーキングマシン調整中です。
ううむ、1ヶ月ウォーキングマシンから脱却できませんね・・・。
時間かかりそうです。

○カメリアローズの09
NF空港で育成中です。
457キロ(-2)
今の時期は故障さえしなければそれで。

○ムガメールの09
442キロ(+16)
NF空港で育成中です。
けっこう馬体重が増えました。
近況の更新までには満口になっているかと思い早々と買いましたが、まだ残ってますね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

PGL復活?

先日、記事にしたPGLの不具合は直っていました。
27日火曜日に緊急メンテナンスをやっていたので、そのとき直したのでしょうか。
ようやくサブロムのブラックをPGLに追加登録することができました。

しかし今のところサポートからは返信来ていないし、PGL関連はポケモンBW発売当初からグダグダですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

せいしんりょくブラッキー

夢特性のせいしんりょくブラッキーです。

2010年7月8日~8月31日の期間、ポケモンだいすきクラブでプレイすることができた「ポケモンラビリンス 真夏の大調査団」に参加した人は、ラビリンスで最初に選んだポケモンに対応したタイプの夢特性のイーブイ進化系を2010年10月20日~2011年1月31日の間、PGWで仲間にすることができます。

ブラッキー ♂ Lv.10
ボール:不定
おや:各プレイヤー
IDNo.各プレイヤー
性格:ランダム
特性:せいしんりょく
技:しっぽをふる・たいあたり・てだすけ・すなかけ
持ち物:なし
リボン:なし
トレーナーメモ:ハイリンクの森で Lv.10のときに 出会った

私は最初にポチエナを選んだのでブラッキーでした。
他のブイズは以下の通りです。

ブイゼル→シャワーズ(うるおいボディ)
コリンク→サンダース(はやあし)
ロコン→ブースター(こんじょう)
ラルトス→エーフィ(マジックミラー)
チェリンボ→リーフィア(ようりょくそ)
ユキワラシ→グレイシア(アイスボディ)

Seisinryokuburakki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

あめうけざらゼニガメ

夢特性のあめうけざらゼニガメです。
配信期間は2010年10月14日~2011年1月31日と、PGLのサーバー落ちの影響で当初より長く受け取れるように変更されました。

2010年9月3日発売のムック「ポケモンぴあ」付録のシリアルナンバーをPGLで入力すると、通常とは違う特性を持つカントー御三家「そうしょくフシギダネ・サンパワーヒトカゲ・あめうけざらゼニガメ」の中からランダムで1体、PDWで仲間にすることができます。

本1冊につき、ランダムで1体受け取りということで、全部そろえようと思ったら複数買いが必要になります。
私は、自分で選べるようなら3冊買うのもアリかと思いましたが、ランダムなので1冊のみ購入し、ゼニガメが出てきました。

ゼニガメ ♂ Lv.10
ボール:不定
おや:各プレイヤー
IDNo.各プレイヤー
性格:ランダム
特性:あめうけざら
技:たいあたり・しっぽをふる・あわ・からにこもる
持ち物:なし
リボン:なし
トレーナーメモ:ハイリンクの森で Lv.10のときに 出会った

性別は♂固定。
なので、夢特性を遺伝させることはできません。

Ameukezarazenigame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

PGLのエラー?

普段はメインロムのポケモンホワイトでPGLをプレイしていますが、夢特性のブイズやグレッグルをサブロムのブラックでもゲットしておこうと思って、PGLでブラックの追加登録を行おうとしました。
でも、プロフィールページからブラックのゲームシンクIDコードを入力したところ、

「あなたは既に正規のゲームシンクIDコードを入力しているか、体験版登録済みです」

と表示されて、ブラックの追加登録ができません。
これって、私だけなんでしょうか。
ちなみに先に登録したホワイトではPGLもPDWも問題なくプレイできています。
一応、ポケモンだいすきクラブのサポートにメールで問い合わせましたが、これはPGL側の不具合なんですかね・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

今週のお馬さん(10月22日)

今、マツコ・デラックスさんが登場するJRAのCMが放映されていますが、最後にちらっと三分割されたレース映像が見えます。
中央はキャロットクラブの勝負服が映っていて、スポンサーテロップでよく見えませんが、ブルーメンブラットのように見えます。
左はおそらくクィーンスプマンテでしょう。
右側は誰でしょうか・・・。

☆メトロノース
31日の東京競馬(東京ゴールデンプレミアム・ダ1400m)に内田騎手で出走予定です。
復帰戦から走ってくれたので、次走がとても楽しみです。
まだタテガミは黒々としていますが、体はだいぶん白くなっていましたね。

○マージービート
NF空港で調整中です。
順調にペースアップできていて、頼もしいことです。
降級前に500万下勝ちが次の目標になるでしょうから、この休養で成長していてくれればいいですね。

○カルドブレッサ
グリーンウッドで調整中です。
このまま進めば、どうやら11月中には帰厩できそうな感じです。

○フェーラシュヴァル
NF空港でウォーキングマシン調整が続いています。
あせっても仕方ありませんが、心配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

Cギアスキン「チラーミィ」

2010年10月8日からPGLで配信中のCギアスキン「キラ☆チラーミィ」です。
現在は特に条件や配信終了期間は設けられていないので、全員受け取ることができます。
チラーミィかわいいですね。
女の子向けの印象です。

Cgiachirami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

ゼクロム厳選

ポケモンBWではレシラムorゼクロムをゲットしないとストーリーが進みません。
どうやらレシラムとゼクロムの色違いは出ないようで残念。
でも、せっかくなのでホワイトで高個体値ゼクロムを厳選することにしました。

瀕死のようきシンクロムンナを先頭して、2番手に素早さ120のいかくムーランドを配置。
いかくよりテラボルテージが先に発動したらゼクロムをゲットし、N戦で全滅してステータス確認、という手順で厳選しました。

3日ほど厳選し、その結果、出たのが以下の個体です。

ゼクロム Lv.50 ようき/テラボルテージ
ステータス 175-170-140-123-115-121

個体値 31-31-31-25-21-31 悪39

画像では、素早さを判定するためレポート前にインドメタシンを2個使っています。

まさかの4Vでした。
最速かつ特攻以外20以上くらいの個体で採用しようと思っていたのですが、予想以上の大物をゲットすることができました。
いやはやここまで良い個体値のが出てきてくれるとはホントびっくりです。
なにか運を使い果たしたような気すらしますね・・・。

しかし、よーしこれでバトルサブウェイを勝ち進むぞ!っと思ったら、なんてこったいゼクロムはバトルサブウェイに出られないじゃないですか。
私は対人戦はしないので、うわー、宝の持ち腐れだー。

Zekuromu01 Zekuromu02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

メトロノース13戦目5着

17日の京都競馬(京都オータムプレミアム・ダ1400m)に内田騎手で出走したメトロノースは5着でした。

鼻出血で長期休養明けとしては上々の結果でしょう。
正直、今回は無事に付いて回ってきてくれればそれで十分と思っていたので、復帰初戦からこれだけ走ってくれて驚きました。

レースは、スタートからすーっと先行し、道中もスムーズに追走。
しかし直線でポケットに入ってしまい最後は流してのゴールでした。
スタートが芝だとぱっと前に行けて走りやすそうです。
直線で追えなかったのは残念ですが、内を走っていて前が開かないのは競馬なので仕方ないかなと思います。
鼻出血のこともありますし、休み明けを全力で走ってしまうと反動が心配ですしね。
休養前の摩耶Sに続いて、ダ短距離で先行するというスタイルが確立できてきた気がしますし、今後を大いに期待できる走りだったと思います。

次走は31日の東京ゴールデンプレミアムを予定しています。
翌週には京都でダ1400の渡月橋Sもありますし、東京で除外されたら京都で出走というのもあるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

ムガメールの09出資

ムガメールの09に出資しました!

残口出るの早かったです。
年内は余裕で残っているかと思っていたのですが、見通しが甘かったですね・・・。
キャロットは売れ出したらあっという間なときがありますし、今月末の近況更新まで残ってなさそうなので、15日に出資しました。
ムガメールの過去5年の産駒が、未出走、1戦引退、未出走、流産、流産ということもあり、どうも体質面が心配なので、できることならもう少し様子見したかったのですが。
ロココスタイルの09と一緒に様子見してどちらか順調なほうを、と画策していたのがあえなく計画倒れになってしまいました。

これで出資馬6頭が全部牡馬ということに。
特に牡馬にこだわっているわけではないのですが。
牝馬も1頭は欲しいところなので、ピンクキャンドルの09あたりを検討したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

今週のお馬さん(10月15日)

先日、美容院に行ったのですが、カラーの際に巻いたタオルから雑巾のニオイが・・・。
気が弱いので、タオル変えて下さいとは言えず、我慢と忍耐の時間となってしまいました。
とほほー。

☆メトロノース
17日の京都競馬(京都オータムプレミアム・ダ1400m)に出走します。
元々は除外を取って31日東京ゴールデンプレミアムに出る予定でしたが、京都オータムプレミアムがフルゲートにならなかったのでそのまま出走することにしたようですね。
前走から約10ヶ月。
だいぶん白くなっていそうで、ちょっと楽しみですね。
いかにも叩き台といった感じですし、鼻出血のこともあるので、今回は結果よりもまずは無事に帰ってきて次のレースへ向かえられるように願います。

○マージービート
NF空港で調整中です。
休養中にもかかわらず順調に乗り込まれており、あいかわらずのタフさには驚かされるばかりです。

○カルドブレッサ
グリーンWで調整中です。
ソエのためショックウェーブを行いました。
11月には帰厩できそうな状態とのことですが、急がなくていいのでゆっくり治療してくれればと思います。

○フェーラシュヴァル
NF空港でウォーキングマシン中です。
思っていたより時間かかりそうですね・・・。
晩成タイプではないかとは思っていますが、あまり時間がかかるようだと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

Cギアスキン「ピカチュウ」

Cギアスキン「てっぺんめざす!」です。
2010年9月18日~11月1日までポケモンだいすきクラブで行われている人気投票に参加すると、合言葉を知ることができ、その合言葉をPGLで入力すると2010年10月4日~2011年1年31日の期間、ダウンロードすることができます。

このピカチュウはポケセン顔のピカチュウですね。
どちらかといえば、私はアニメのピカチュウの顔のほうが好きなのですが、このピカチュウもなかなかかわいいです。

Cgiapikacyu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

リバティビクティニ

幻のポケモン、ビクティニです。
ビクティニに会えるアイテム「リバティチケット」が2010年9月18日~10月18日の期間、Wi-Fiコネクションでポケモンブラック・ホワイトに配信されています。
リバティチケットを受け取ってヒウンシティの港へ行くと、リバティガーデン島へ行く船が出ており、そこでビクティニをゲットすることができます。

ビクティニ Lv.15
ボール:不定
おや:各プレイヤー
IDNo.各プレイヤー
性格:ランダム
特性:しょうりのほし
技:ねんりき・やくつくす・でんこうせっか・こらえる
持ち物:なし
リボン:なし
トレーナーメモ:リバティガーデン島で Lv.15のときに 出会った

ビクティニはエスパー・ほのおタイプと、これまでのポケモンにはなかったタイプですね。
そのうち色違いをねばろうかと思っていましたが、どうもビクティニ、レシラム、ゼクロムの色違いは出ないという噂がチラホラと。
本当はどうなんでしょうね?
出るにせよ出ないにせよ、信憑性の高い情報が出てくるまでビクティニはゲットせず、リバティガーデン島に滞在していてもらうことにします。

ところで、BWでは不思議なカードが12枚までストック可能になりました。
前作までは3枚までだったので、いつももったいないなあと思いながらカードを捨てていましたが、これならお気に入りのカードを残しておくことができそうですね。

Ribathibikuthini01 Ribathibikuthini02 Ribathibikuthini03 Ribathibikuthini04 Ribathibikuthini05 Ribathibikuthini06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

ニビ色違いラティオス

色違いラティオスをゲットしました!
以前ハートゴールドで配信されたニビシティラティオスの色違いです。

色違いラティオスは、青磁色と言うのか、通常より色が薄い感じですね。
渋くてかっこいいです。
この色ラティオスの性格はずぶといでした。
攻撃ダウンの性格なので、シンクロを使っていない割にはいい性格だと思います。
どんな性格でも、色違いは出てきてくれただけでうれしいんですけどね。

以前ゲットした色違いラティアスとおそろいのスピードボールに入れてみました。
ブラック・ホワイトではガンテツさん制作のボールがありませんが、送ったらどうなるんでしょうね。
一度送ったら戻せないので、もったいなくて送れませんが・・・。
BWにも連れ歩きがあったらよかったのに。

これで色ラティ兄妹がそろいました。
うれしいですね~。
HGSSでねばる色違いはこのラティオスで終了の予定です。
今後はBWでがんばります。

Irorathiosu01 Irorathiosu02 Irorathiosu03 Irorathiosu04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

今週のお馬さん(10月8日)

毎年の事ながら、秋になるとクラブの3歳馬の数が一気に減ってしまいます。
寂しいですね・・・。

☆メトロノース
除外権利と取るために来週の京都オータムプレミアムに登録する予定です。
相変わらず、準オープンの短距離戦は除外の可能性が付きまといます。
準オープンは下級条件と違って、出走間隔と前走上位馬優先がないので仕方ないのでしょうが。

○マージービート
NF空港で調整中です。
蹄の問題はありますが、予想外に早くペースアップしていてホント、タフですね。
他馬もみんなこのくらい丈夫だったらどんなに良いことか。

○カルドブレッサ
グリーンウッドで調整中です。
ソエはしかたないので、よくなるまであまり急がずやって欲しいです。
3~4週間の予定の放牧ですが、帰厩の時期を決めずにゆっくり進めてほしいなと思います。

○フェーラシュヴァル
NF空港でウォーキングマシン中です。
なかなか乗り運動を再開できないので心配です。
お兄さんのトランスワープが去勢されていました。
気性面の問題ではなく、太りやすいのが原因のようです。
フェーラも、あまり運動できない今、太っていなければよいのですが。

○カメリアローズの09
イヤリングからNF空港へ移動しました。
無事契約書が届いて出資確定です。
残口150弱で、1、5次で満口になりそうなので、1次でいっておいてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

ブルーメンブラット回顧(3)

一口馬主の思い出(24)

前回の続きです。

所属していた安藤厩舎の解散にともない、4歳5月に石坂厩舎へ転厩となったブルーメンブラット。
転厩初戦となる予定だったストークSは目の外傷で出走取消となってしまいましたが、本当の転厩初戦となった白秋S(1600万下)で5勝目を上げ、再度古馬オープンへ返り咲きました。
返す刀でオーロC(OP)も連勝、さらに強豪集うG2阪神Cで小差の3着に入ります。
それまでは重賞に入ると勝つには少々厳しいかと思っていましたが、重賞勝ちも現実に手の届きそうなところへ才能が開花し始めたように思えました。

ラストイヤーとなった5歳。
G3京都牝馬Sで4着、G2阪神牝馬Sで2着、G1ヴィクトリアマイルで3着と、あと少しでタイトルに手が届かないまま、春シーズンが終わってしまいます。
確実に力を付けていながらも、重賞制覇には至らず、もどかしい思いが募ります。
すでに5歳。
6歳3月には引退期限のあるブルーメンブラットにとって、残された時間はあまりありません。
なんとか、1つだけでいいから重賞勝ちを、と願いました。

そして、秋のシーズンが始まりました。
秋初戦はG3府中牝馬S。
そこでついに、ブルーメンブラットは念願の重賞勝ちを収めます。
2着はオークス、秋華賞ではるか前を走っていたカワカミプリンセス、5着は桜花賞馬キストゥヘヴンでした。

目標だった重賞勝ちをはたし、もう思い残すことは何も無い、とそのとき私は思いました。
しかし、クライマックスはまだ来ていなかったのです。
晴れて重賞ウィナーの称号を手にしたブルーメンの次走はG1マイルCSに決まります。
府中牝馬Sを勝ったことでエリザベス女王杯という選択肢もありましたが、距離適正を考慮してマイルCSへ行くことになりました。

そして迎えたマイルCS。
ブルーメンは先頭でゴールを駆け抜けました。
これまで、流れや枠順が向かなかったりと、運に見放されていると思うレースもありましたが、この日はすべてがうまくいきました。
このレースに関しては、後に優駿の記事で石坂調教師が語ったセリフがすべてを物語っていると思いますので、引用します。

「ホント、理想通りの乗り方だったね。ひと言で言えば『会心の一戦』。ただ、それは馬の仕上がりがよかったし、あの馬の能力が高いから出来たこと。馬群の中で折り合いをつけて、狭いところを一瞬にして割ってくるという芸当を出来る馬はそうそういないよ。(中略)ああいう競馬が出来ること自体が、馬の能力の高さなんだよ」(優駿2009年1月号より抜粋)

この勝利で、ブルーメンブラットは6歳3月の引退期限を待たずに引退することになりました。
1つ重賞を勝って、もう他にブルーメンに望むことは何もないと思いましたが、G1勝ちという最高の栄誉まで手にしてくれました。
G1馬として、他馬を迎え撃つ機会が無かったことは少々残念な気もしますが、大きな故障もなく、タフに堅実に走り続けたブルーメンには本当に頭が下がる思いです。

ブルーメンは今年、初仔シンボリクリスエスの牡馬を出産しています。
キャロットクラブで募集されても私の予算では出資できないと思いますが、産駒はずっと応援していきたいですね。

Mcskinenhin01 Mcskinenhin02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

ブルーメンブラット回顧(2)

一口馬主の思い出(23)

Yusidayutakasain 前回の続きです。

競走生活を通じて、丈夫にコンスタントにレースを走ったブルーメンブラットも、デビュー前からすべてが順風満帆に進められたわけではありませんでした。
2歳春までは順調に育成が進みましたが、2歳の5月に捻挫し、捻挫が治った後もゲート練習中に飛節に外傷を負ったり、右前球節に疲れが出たりと、ちょこちょこアクシデントに見まわれていました。
当時は心配しましたが、今思えば、乗り運動を休止することがあっても、すぐに元のペースに戻すことができていたので、当初から回復力や基礎体力に秀でたものがあったのでしょう。

ブルーメンブラットは、2歳10月に山元トレセンへ移動し、初めての長距離輸送で輸送熱を出しつつも、2歳11月に栗東へ入厩しました。
そこで立ちはだかったのがゲート練習でした。
ゲートの後ろ扉を閉めると腰を落としてしまったり、果ては失禁してしまったりと、かなりイヤがっていたようです。
しかし、ブルーメンは高い学習能力を見せ、一度はゲート試験に落ちたものの、二度目で無事合格。
その後は、レースでもゲート入りをひどく嫌がるようなことはなかったところを見ると、一度理解してしまえば納得して受け入れる賢さがあったことがうかがえます。

デビューは明け3歳の1月15日の芝マイル戦。
デビュー当初はゲートの出が遅かったこともあり、出遅れましたが猛然と追い込んで2着でした。
2戦目のダート1800mで初勝利を上げ、3戦目のダート1400m(500万下)2着を経て、G3フラワーCに挑戦します。
フラワーCでは後の桜花賞馬キストゥヘヴンの3着。
賞金を上積みすることができず、桜花賞出走への道は閉ざされましたが、若いころは長距離輸送が苦手だったこともあり、-14キロだったことを考えればよくがんばった内容でした。
忘れな草賞(OP)2着の後、矢車賞(500万下)で2勝目を上げたブルーメンブラットは、勇躍オークスへ向かいます。
前を走っていたコイウタの競走中止に巻き込まれ、いったん後方まで下がってしまうという不利を受けつつも9着。
勝ったのはカワカミプリンセスでした。
クイーンS6着後、大倉山特別(1000万下)で3勝目を上げ、秋華賞へ出走するも末脚をなくして8着。
勝ち馬はまたもカワカミプリンセス。
このレースで中距離は長いと判断され、その後のブルーメンはマイル路線を中心に歩んでいくことになります。

やや勝ちきれない面をのぞかせつつも、4歳2月に斑鳩S(1600万下)で4勝目を上げ、オープン入りします。
今後は牝馬重賞へ、と思っていたところブルーメンブラットに大きな転機が訪れます。
所属していた厩舎が解散することになったため、ヴィクトリアマイルを最後に栗東・石坂厩舎に転厩する事になったのです。

続きは次回へ・・・。
改めて振り返ると濃い内容の競走生活です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

ブルーメンブラット回顧(1)

一口馬主の思い出(22)

Burumenzekken ブルーメンブラットは栗東・安藤厩舎所属の黒鹿毛の牝馬でした。
アドマイヤベガのセカンドクロップとなります。

もともと、アドマイヤベガ産駒にはいつか出資したいと思っていました。
しかし、この世代が募集された直後にアドマイヤベガは4世代の産駒しか残せず早世していまい、あまり悠長に構えていられなくなりました。
翌年以降に産駒が募集されるかわかりませんし、なるべく早く出資しておきたいと思いました。

この年募集されたアドマイヤベガの仔は関東馬4頭、関西馬2頭の計6頭。
関東馬には出資しないことにしているので、実質的な出資候補はブルーメンブラットとリリカルプロウズの2頭です。
幸い、2頭とも1次募集では満口になっておらず残っていたので、ギリギリまで様子見してからどちらかを選ぼうと思いました。

最初はプロフィール的にマイナスのないリリカルプロウズに心動かされていました。
が、リリカルはわりと早くに満口間近になってしまい、リリカルに出資するか、ブルーメンの様子見を続けるか迷いに迷い、迷っているうちにリリカルは満口になってしまいました・・・。
リリカルプロウズを買いそびれてしまったので、ブルーメンの様子見を続行することに。
そして明け2歳の3月くらいにブルーメンも満口間近となりました。

ブルーメンブラットは、以前、ウインドフォールで懲りた、定年間近なのにさして実績の無いタイプの厩舎でしたし、鞍上も所属騎手にほぼ固定される可能性が高いことは知っていました。
しかも母高齢と、プロフィール的にはあまり特筆すべき部分はないかなと考えていましたが、でもなぜか、他のアドマイヤベガ牝馬より特別血統が良いわけでもないのに、値段がいくぶん高めなのが気になり、これはどっかわからないけど良いところがあるのかもしれんと思い、出資することにしました。
後に知ったのですが、ブルーメンは所属調教師の息子さんがノーザンで研修しており、その縁で所属が決まった、いわばご祝儀馬だったんですね。
キャロットクラブでこの厩舎に入った馬は後にも先にもブルーメン1頭というのは、この辺も影響しているのかもしれません。

さすがに思い入れが強くて長くなってしまったので、続きはまたの機会に書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

今週のお馬さん(10月1日)

☆メトロノース
10月31日の東京競馬(東京ゴールデンプレミアム・ダ1400m)を目標に。
休養が長引いてしまいましたが、そのぶんも今後がんばってもらいたいですね。

○マージービート
NF空港で調整中です。
蹄が伸びるのを待ちます。
こうしてゆっくり待てるのも、最後のチャンスで勝ち上がってくれたおかげですね。

○カルドブレッサ
グリーンウッドで調整中です。
ソエはそれ程ひどいものではないようです。
そう言えば、マージーも去年の今頃、ソエが出ていました。
マージーはソエ焼きしましたが、カルドはスタンダードにレーザーと水冷でケアしていくようです。

○フェーラシュヴァル
NF空港で育成中です。
ウォーキングマシン運動中・・・。
全兄トランスワープはデビューは遅かったものの、2歳で一度入厩までこぎつけているので、フェーラにも年内入厩を期待したいのですが。
もう1頭の全兄アウスピカーレが未出走で引退してしまったのが気がかりです。

○カメリアローズの09
正確に言うと、出資契約書が届いていないのでまだ出資が確定しているわけではないのですが、1次で満口じゃないので、ここでは出資馬扱いということで。
NF遠浅で育成中です。
459キロ(+9)
あまり大きくなりすぎませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »