« JAPAN WORLD CUP 3 | トップページ | 今週のお馬さん(4月15日) »

2011年4月13日 (水)

グロリアーナ回顧

一口馬主の思い出(25)

Meimeisyo02グロリアーナは栗東・庄野厩舎所属、シンボリクリスエス産駒の青鹿毛の牝馬でした。

グロリアーナに出資した理由は、まず第一に馬体が気に入ったこと。
相馬眼なんてありゃしませんが、カタログに載っていた青鹿毛の黒光りする写真はとてもきれいで、脚元も丈夫そうに見えました。
私は、出資馬を決める際は、主に厩舎を重視して選んでいるのですが、当時、庄野厩舎は開業したばかりで、丈夫そうなグロリアーナと数を使ってくれそうな若手厩舎は合うのではないかとの皮算用もありました。

目論見どおり、育成はおおむね順調に進み、2歳8月にグロリアーナは函館競馬場へ入場できました。
ゲート試験にも問題なく合格し、9月28日にデビュー予定日が決まりました。

ところが。
デビュー前の最終追い切りで、グロリアーナは蹄を痛めてしまいます。
牧場へ休養に出ることになり、しばらく軽めの運動を行っていましたが、あまり良化しなかったためレントゲン検査を行ったところ、蹄骨の骨折が判明しました。
治療を行ってデビューを目指すことになり、一時はハロン16秒を計時するまで回復しましたが、半年後、再発。
デビューはあきらめ、引退することになりました。

グロリアーナは、私が馬名を採用された3頭めの馬だったのですが、一度もレースで名前を呼ばれることはありませんでした。
グロリアーナに限ったことではありませんが、未出走で引退となった馬というのは、実際どれくらいの能力があったのかわからないぶん、あとに心が残ります。

|

« JAPAN WORLD CUP 3 | トップページ | 今週のお馬さん(4月15日) »

出資馬回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/39560493

この記事へのトラックバック一覧です: グロリアーナ回顧:

« JAPAN WORLD CUP 3 | トップページ | 今週のお馬さん(4月15日) »