« 2011年募集予定馬リスト | トップページ | サトシゼクロム »

2011年7月18日 (月)

映画「ビクティニと白き英雄レシラム」

劇場版ポケットモンスターベストウィッシュ『ビクティニと白き英雄レシラム』を観てきました。
今年は『ビクティニと黒き英雄ゼクロム』との2作公開ですが、どちらかにこだわりがあるわけでもないので、映画館に行く時間を合わせやすかったレシラムのほうを観ました。
3連休だし混んでるかなあと思ったのですが、2、3割程度の入りで空いていました。

以下、ストーリーのネタバレにならない程度の感想です。

○ビクティニがやたらかわいい
今まで特にかわいいとは思っていなかったのですが、くるくる動いているのを見るとやっぱりかわいいです。
ウサギがモチーフかと思っていましたが、ウサギよりヤマネっぽいかも。

○ヨーテリーもかわいい
最初ちょっと出ただけですが、ヨーテリー好きな私にとってたまりません。

○二足歩行チョロネコ
四足歩行じゃないんですね・・・。

○ゴルーグ飛ぶ飛ぶ
昨年の『幻影の覇者ゾロアーク』助演ポケモン賞がドーミラーなら、今年の助演ポケモン賞はゴルーグかなと。

○その他
作画は昨年よりかなり気合入ってました。
映画は毎年ゲスト声優さんが演じられていて、かえって違和感を覚えることもあるのですが、今年は皆さんさすがの演技ですごく良かったと思います。
特にドレッド役のつるの剛士さんが、予想外と言っては失礼ですがかなり上手くてびっくりしました。
正直、侮っていましたすみません。
しょこたんは少女役より少年役のほうが合ってると思いました。

配信されたゼクロムとレシラムは今度紹介します。

|

« 2011年募集予定馬リスト | トップページ | サトシゼクロム »

ゲーム・ポケモン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/40861614

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ビクティニと白き英雄レシラム」:

« 2011年募集予定馬リスト | トップページ | サトシゼクロム »