« W色違いコロモリ | トップページ | W色違いハーデリア »

2011年8月29日 (月)

2011年度募集馬検討1

キャロットクラブの募集カタログは28日の日曜日に到着しました。
週明けかと思っていたので早かったです。
まだ本格的に検討していませんが、とりあえず今年の出資基準を考えておこうと思います。
今年の2歳馬たちには今のところ大変満足しているので、昨年準拠でいく予定です。

1、関西馬
これだけは譲れない基準です。
福岡に住んでいるので、小倉競馬場に来てくれそう馬をと思うとどうしても関西馬になります。

2、3000万円以下
私が走らなくても笑って許せる値段は3000万が限界です・・・。
昨年の基準では、牡馬3000万以下・牝馬2000万以下でしたが、今年は牡馬牝馬問わずということにしてみます。
現5歳の06年産以降の出資馬は9頭いるんですが、勝ち上がったのは2000万以上が5頭中5頭、2000万未満が4頭中ゼロと、あきらかな偏りがありました。
全体的に見ても、ここ数年、キャロは高額牡馬が活躍する傾向にあって、私のような貧乏人にはつらいところ。
シーザリオやブルーメンブラットが募集された頃とはもう時代が違うんでしょう。
2頭ともすでにお母さんになって、産駒が高額で募集されていますからねえ。

3、ノーザンファーム生産馬中心
最後の基準はあまり重視していませんが、一応。
これまで出資した出資馬22頭中、勝ち上がったのは、ノーザンファーム生産馬が17頭中11頭、他牧場生産馬が5頭中ゼロです。
ノーザン生産なら絶対勝ち上がっているというわけではないですし、たまたま偏っているだけで、白老ファームなどの社台グループ生産ならノーザンファームにこだわらなくてもいいような気もするので、どっちか迷ったらノーザンって感じでいこうかと思っています。

|

« W色違いコロモリ | トップページ | W色違いハーデリア »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

金額は2000万円以上でないと勝ち上がりませんか。そうなると私の作戦が根本から崩れてしまいます。確かに勝ち上がる確立はグッと低くなるのは紛れも無い事実ですね。
さて、カタログもDVDも届いたし、馬の尺や体重も出ました。今度の土日で第一候補から第三候補までを決めるつもりです。
それはそうと、日曜日の小倉、2頭揃い踏みになってしまいました。
こんなこともあるんですね~。

投稿: よっし~ | 2011年9月 1日 (木) 21:48

よっし~さん、こんばんはー。
1000万円台の馬が勝ち上がれないのは現5歳以下の私の出資馬に限ったことであって、キャロット全体で見れば、リーチコンセンサスやフラガラッハ、インディパレードなど良いお馬さんもたくさんいますよ!
単に私がそれらの馬を選べなかっただけです・・・。
いつかは中央最安値の1000万円の馬で、3勝できる馬を見つけたいと思っています。
マージーとカルドは対戦することになってしまいました。
正直複雑です。

投稿: すてっぷ | 2011年9月 1日 (木) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/41392336

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年度募集馬検討1:

« W色違いコロモリ | トップページ | W色違いハーデリア »