« 2014年度募集予定馬リスト | トップページ | えいがかんディアンシー »

2014年7月21日 (月)

映画「破壊の繭とディアンシー」

夏の恒例、ポケモン映画!
今年の映画は、ポケモン・ザ・ムービーXY『破壊の繭とディアンシー』と短編『ピカチュウ、これなんのカギ?』の同時上映になります。
去年までは「劇場版ポケットモンスター」だったのですが、今年からは「ポケモン・ザ・ムービー」に変更されたようです。

今年も観に行ってきました。
毎年、学校の夏休みが始まる前の数人しかいない時を狙って観に行っていたのですが、今年は公開初日と夏休み初日が重なってしまったので、混んでるだろうなあと思いつつ、公開2日目に映画館へ。
ところが3割ほどの入りで、そんなに人多くなかったです。

以下、ストーリーのネタバレにならない程度の感想を。

○ピカチュウ、これなんのカギ?
通路を隔てて斜め前に座っていた中高生くらいの女子が、映画が始まってもなかなか3DSを閉じず、「早よ閉じろや~」とあんまり集中できず。
マナフィいつ出たんだろう・・・。
親子連れのお子さんたちは皆、上映中は3DSを開かず、おしゃべりもせず静かだったんですがねえ。
とりあえず、チゴラスがアホかわいいです。

○破壊の繭とディアンシー
上記の女子もやっと3DSを仕舞ったので、やっと画面に集中することができました。
まず、ディアンシーが予想以上にかわいかったです。
最初、静止画で見たときはそれほどかわいいと思わなかったのですが、やはり動いていると違いますねー。
性格もかわいいですわ。
きっと、メレシーたちに大切に育てられたんでしょうね。
それにしても、ディアンシーやメレシーは下半身が岩なので、移動手段がジャンプで大変そうです。
メガシンカしてもジャンプで移動するんでしょうか。
そして、イベルタルの破壊っぷりと、ゼルネアスに対する聞き分けの良さのギャップが面白かったです。
あと、細かいところでは、サトシのヤヤコマは既にヒノヤコマに。
ゲッコウガ、今までマフラーだと思っていた首の赤いの舌でした・・・。
最後に、ライオットとマリリン良かったですね!

受け取ったディアンシーとマスターボールはまた後日紹介します。
私は、普段3DSを持ち歩かないので、「とうぞくと1000びきのポケモン」はいつクリアできるかわかりませんが。

|

« 2014年度募集予定馬リスト | トップページ | えいがかんディアンシー »

ゲーム・ポケモン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/56852732

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「破壊の繭とディアンシー」:

« 2014年度募集予定馬リスト | トップページ | えいがかんディアンシー »