« 今週のお馬さん(1月20日) | トップページ | 今週のお馬さん(1月27日) »

2017年1月24日 (火)

メトロノース回顧(1)

一口馬主の思い出(33)

08170405メトロノースは栗東・安田隆行厩舎所属、アドマイヤコジーン産駒の芦毛の牡馬でした。
額から鼻先にかけて通った太い作と立派な腹袋を持った、どこかのほほんとした印象を受けた馬でした。
この厩舎の馬に出資してみたいな、と思っていたところ、お手頃な値段で募集されていたので出資することにしたのでした。

育成中は疲れを見せることもあったのですが、回復も早く、2歳5月には入厩することができました。
のんびりとした性格が災いしたのか、3回ゲート試験に落ち、4回目でようやく合格。
その後、打撲しましたが、ずっと厩舎で調整を続け、初入厩から3ヶ月後の2歳8月にデビュー戦を迎えました。

芝1200mのデビュー戦は4着。
ダートへ矛先を変えて臨んだ2戦目の1400mで初勝利をあげました。
2週間の短期放牧を経て、地方交流重賞の北海道2歳優駿へ挑むことになりました。
そこでメトロは、なんと5馬身差の圧勝で重賞制覇を飾ります。
長く続くことになる競走馬生活のハイライトが、早くもデビュー3戦目で訪れたのでした。

その後は勝てはせずとも芝を使った2戦以外は大きく崩れもせず、コンスタントにレースを走り、3歳の暮れ、デビュー12戦目の摩耶Sで3勝目をあげました。
そして、前途洋々に思われたこの勝利が、結果的には中央所属自体の最後の勝ち鞍となったのでした。

長くなったので続きます。

|

« 今週のお馬さん(1月20日) | トップページ | 今週のお馬さん(1月27日) »

出資馬回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/488810/68649339

この記事へのトラックバック一覧です: メトロノース回顧(1):

« 今週のお馬さん(1月20日) | トップページ | 今週のお馬さん(1月27日) »